家に棲みつくコウモリ撃退法

img1-1

日本に生息しているコウモリは、家屋の屋根裏や軒天井そして橋脚の隙間に巣を作り生きている事も多々あります。


通称イエコウモリと呼ばれ正式名はアブラコウモリです。


体長は4〜6?で非常に小さいですが翼を広げれば非常に大きく見えます。
小さな体を活かし2?程の隙間があれば、どこへでも簡単に侵入する事ができます。



コウモリは夜行性で昼間は隠れ夕方に一斉に飛び出し、ユスリカや蛾を食するので益獣として大きな役割も果たす動物です。


しかし、存在を確認した際には速やか駆除する必要があります。
コウモリ撃退法は様々ですが、市販されているものであれば忌避スプレーや燻煙・超音波・磁石などがあります。
コウモリは鳥獣保護法により守られており、無許可で殺傷をする事は禁止されています。

よってコウモリ撃退法とは、追い出して二度と近寄らない様にする事となります。

注意点として、コウモリは様々な病気を媒介する動物です。


駆除の際には噛まれたりしない様に気を付ける必要があります。万が一噛まれた際には流水で洗い流し消毒を行い、早めに医療機関で診察する様にして下さい。



コウモリ撃退法では、コウモリの特性である超音波により自分の位置を把握する機能を妨害して、危険な場所と教え込むのが効果的です。



その為には超音波発生機器や燻煙の設置で追い出しを行い、屋根裏に浸入したケースであれば出入り口を塞ぐか磁石を設置するなどし、再侵入を防止する事が大切です。

納得の事実

img2-1

コウモリは意外と身近にいる生き物です。夕暮れを不規則に飛ぶ小さな影を目にしたことのある方もいることでしょう。...

more

意外な真実

img3-1

近年住居の開拓が進むことによって起こっている問題の一つが蝙蝠です。蝙蝠は山奥に生息している手が進化して飛ぶことの出来る哺乳類であり、基本は山奥の暗いところで生活をしていて昆虫や木の実を食べています。...

more

生活について思うこと

img4-1

ヒラヒラと飛び回るコウモリは動きが読めず、部屋に入ってこられるとパニックになってしまいます。家の屋根裏や床下、狭いすき間から侵入してしまうコウモリに居着かれてしまっては大変です。...

more

生活の秘訣

img5-1

家に蝙蝠が住み着いてしまったということがあります。ひどい場合には大量に蝙蝠が住み着いてしまうことがあり、放っておくと糞の被害が出てしまうほか、ダニやノミの原因になってしまいます。...

more
top